不動産物件を目で見て確かめてから選ぶ

物件の見学

名古屋にある賃貸物件を探すときにには、見学に行くことが大切になります。急な転勤などになるときには、事前にネットなどで物件を見ることが大切になります。また、信頼することができる不動産会社を利用することが大切になります。

» 詳細を確認する

賃貸契約をする

なぜ大家に対して敷金を預けるのか

賃貸借契約をするときには、ほとんどどこの不動産であっても敷金を大家に対して預けなくてはいけません。 では、なぜこのようなものが必要なのでしょうか。 大家は、持っている不動産を賃借人に貸すことができます。 しかし、部屋を貸すだけであってその部屋の所有権を賃借人に譲るわけではありません。 貸した部屋を汚されてしまうと資産価値も下がってしまうため、大家は結果的に損をしてしまうことになるのです。 そこで、賃貸借契約の場合には部屋が汚れた場合に元の状態に戻すことが出来るように敷金を預けるようにしているのです。 だからこそ、敷金の相場は一般的に賃料に近いものになっています。 敷金を預けておくことによって、部屋を綺麗に扱うという保険をかけることができるのです。

どのような基準で敷金は引かれるのか

敷金は、どのような基準で差し引かれるのでしょうか。 実は、敷金からお金が差し引かれる基準は非常に厳格です。 法律的にはちょっとの傷では敷金からお金を引くことはできないため、全額返還が当然なのです。 敷金の平均的な相場は賃料の一ヵ月分か二ヵ月分ですが、お金を引くことができたとしても5分の1程度が普通です。 そもそも、法律的には普通の生活を送ってできた傷では敷金を利用することはできないことになっています。 そのような傷は、部屋の所有権者である大家がお金を出さなくてはいけないのです。 部屋を貸すことによって賃貸物件が多少傷が付くのは当然ですし、その回復まで相手に求めていたのでは不公平です。 そのため、賃貸借契約では壁に大きな穴をあけてしまうような傷がない限り敷金の全額返還が可能なのです。

賃貸を自分好みに

賃貸物件では自分好みの空間にすることができないと感じている人も多くいますが、最近でははがせる壁紙専用シールなども販売されているので、部屋を好みにアレンジすることが可能です。

» 詳細を確認する

ページのトップへ戻る